• このエントリーをはてなブックマークに追加

【後半】Google検索のトップを目指す!UXを最適化する6つの方法

SEO2-2

本記事は『Getting to the Top of Google: Part 2 – Optimizing the User Experienceを翻訳・加筆修正をしたものです

先日のブログ投稿の中で、中国の思想家『孔子』の言葉を引用しながら、シンプルなSEO対策によってどのようにGoogleの検索エンジンの表示結果の上位を狙うかを探っていった。

メタディスクリプションやキーワードが検索エンジンの最適化において重要なファクターである一方、Entreprenerurでは、優れたユーザーエクスペリエンスは最も見逃されるSEO施策であると強調している。Googleのマット・カッツ「Googleが望んでいることは、ユーザーが望んでいることである」と語っており、またMozによれば「思慮深く、共感できるユーザーエクスペリエンスを作り上げることは、上位のランクへ貢献する」とある。

この記事では、継続的なウェブサイトの最適化についてより深く考察し、どのようにしてSEOとコンバージョンの両方に寄与する高い質のユーザーエクスペリエンスを実現するのかを探ってみる。今回は、ギリシャの哲学者アリストテレスから教訓を得てみよう。「優秀さとは行動そのものによって得られるものではなく、習慣の賜物である」。

あなたのドメインを検索結果の上位へ表示させるには、6つの重要な継続的なユーザーエクスペリエンスの最適化方法がある。しかし、それらすべての専門家になるには長い時間がかかる。(おそらく現代の思想家である)マルコム・グラッドウェルはある技能を熟達するには「1万時間の訓練」が必要と語っている。6つの最適化を会得するには6万時間もかける計算だ。もしこれらの6つのユーザーエクスペリエンスの技能を学ぶ場合、1日8時間、週5日の訓練をほぼ29年間もかけなければならない。

幸運なことに、先週語ったように、何千マイルもの旅のはじまりもシンプルなステップからはじめるだけでよい。もう一人のギリシャ哲学者、プラトンは「はじまりは労働の最も重要な部分である」と語っている。

これから6つのサイト最適化の方法を紹介する。今日からすぐに実践していこう!

1.シンプルにする

まずは、あなたのウェブサイトを整理しよう。たいてい、エントリーフォームの処理プロセスは混乱の要素を除くことで最適化できる。これにより、すぐにユーザーエクスペリエンスは向上することができる。最適化の方法をいくつか紹介しよう。

  • フォームで必要な項目の数を減らそう。Quicksproutによると項目数を11個から4個に減らしたある企業ではコンバージョン率が120%の増加が見られた。Expedia社は、1つの項目を省略しただけで、新たに1200万ドルの利益を得ている。
  • 項目を埋め終わったものを見えないにしよう。たとえば、ユーザーがサイトへログインしている場合、それだけですでにユーザー名を認識できる。そのため、再びログインを求めてはいけない。
  • 5秒間テストを行う。テストユーザーに、あなたのウェブページ見てもらい、5秒後すぐにページを隠す。そして、その短い時間で彼らが何を覚えているのかをそれらをヒアリングしよう。この回答で、ユーザーがあなたのサイトのメインメッセージを覚えているかが確認できる。Five Second Test(http://fivesecondtest.com/)を利用しよう。これによって、あなたのサイトデザインを実際の人にテストすることができる。Clicktaleでは、訪問者があなたのフォームやファネルにどう反応しているのかを見ることができる。ユーザーのためのプロセスをどう明確化し、コンバージョンにつなげるかどうかを理解し、最適化に役立てられるのだ。

2.顧客の視線を取り出す

Googleは、botのためではなく実際のユーザーのためにコンテンツを作成する必要性を語っている。ただ、それ以上に特定のターゲットオーディエンスに対してWEBサイトを構築することを推奨している。すべてのユーザーのためではいけない。これを実現するためには、わたしたちはターゲットペルソナを設定し、そのペルソナの生活行動の情報を考慮しなければならない。それに基づきページを作成することで、ユーザーエンゲージメントを向上させ、最終的にコンバージョンにつながるだろう。

ClickTale(クリックテール)によって、あなたはユーザーがサイトをどう見ているのか(視線)を知ることができる。それはまるでユーザーの後ろからインターネット行動をのぞいているかのようだろう。Clicktale社のWeb行動心理学者のライラッツ・マルガリート博士は、Clicktaleのソリューションを利用して、異なるオンライン上の顧客ペルソナに向けてWEBサイトを最適化するための知見を得た。それについては、以前で投稿した記事を読んでもらいたい。

あなたのユーザーの視線を理解することで、彼らのニーズに合致し、コンバージョンを促進するためにサイトを最適化することができる。

3.WEBサイトのエンゲージメントを最適化する

検索エンジンは、ユーザーがブックマークしているサイトや、よく再訪するサイト、それらへリンクがされているサイト、そしてソーシャル上でシェアされているページを探している。このような検索エンジンの活動を促進させてあげるには、ユーザーがどのようにしてあなたのサイトに反応をしているかを理解するための分析が最も効果的だ。

ClickTaleのヒートマップ機能では、あなたのサイトに流れるトラフィックの全てのクリックや、マウスオン(マウスがページ上に乗っている場所)を収集する。セッションプレイバック機能(マウス録画機能)はユーザーの混乱やためらいの原因を探るために個々のユーザーを掘り下げることができる。いったんあなたのユーザー行動の文脈とパターンを理解すれば、よりユーザーのニーズや課題を明確にすることができるだろう。このようにして、効率的にあなたのサイトを改善し、最適化することができる。

あなたのサイト訪問者のニーズに合致したユーザー体験をウェブサイトで提供することで、高いエンゲージメントとより長い滞在時間を獲得し、さらに再訪ユーザーを増やす(つまり、SEOを向上させる)ことができるだろう。

4.直帰率を減少させる

ユーザーがWebサイトに訪問し、彼らが探していたものが見つからない場合、訪問者はすぐにサイトを直帰していく。直帰率を減らすには、以下のいくつか(または全てを)試してみよう。

  • 読み込み​​時間を高速化
  • 「新しいウィンドウで開く」ように、すべての外部リンクを設定します
  • 高品質のコンテンツを提供
  • 次のステップへの明確なリンク(CTA:コールトゥアクション)を表示する
  • サイトにおけるメインメッセージを明確にするか、一目でサイトの提供しているものが理解できるかを確認する
  • 異なるキーワードに特化したランディングページを作成する

5.滞在時間を伸ばす

「Search Engine Jounal」の記事の中で、デジタルマーケティングのスペシャリストのニール・パテルがこう言っている。「SEOはわずかなサイエンスと、大部分のアートからなる。あなたのユーザーを理解するアートの力によって、ユーザーの求めているコンテンツのタイプを正確に届けることなのだ」。彼はその議論の中で、重要な指標として滞在時間を指摘している

パテルは、「滞留時間は、ユーザがあなたのエントリーをクリックしたときから再び検索結果画面に戻るまでの時間を測定する。滞在時間はほぼ間違いなくSEOに影響を与えている。もしユーザーが離脱せず、サイトに時間を費やして、反応し、コンテンツ内のより深い部分に進んでいるのならば、それはそのサイトがそのユーザーにとって何らかの価値を届けている証拠である。このようなプロセスによって、SEOは向上するのだ」

滞在時間を改善するためのヒントは以下だ:

  • サイトのレイアウトやナビゲーションを整理する:ユーザーがあなたのサイトを簡単に利用できるようにしよう
  • 関連性の高いコンテンツを提供する:ユーザーにとって、あなたのサイトに滞在するよう興味を作り出そう
  • 読み込み時間を減少させる:これによって、ユーザーのいらつきを減らすことになる
  • デザイン設計を最適化する:ユーザーがベストな反応をするように色、フォント、文字サイズ、余白の量を決定するため、顧客体験の分析を行おう。それによって、ユーザーはあなたのサイトへエンゲージメントを示してくれる

6.モバイルユーザーを歓迎する

”Mobilegeddon(モバイルによる破壊)”

SEWやその他のメディアは、検索順位の要素として、モバイルフレンドリーの使用を拡大するGoogleアルゴリズムのアップデートをこう呼んだ。

しかし、あなたのサイトにモバイル訪問者(および遍在しているGoogleボット)を歓迎し、レスポンシブテンプレートを揃えなければならないだろう。これに加えて、以下のようなことをする必要がある。

  • ポップアップやFlashを使わないようにしよう(代わりにHTML5を試してみよう)​​
  • Googleのモバイルフレンドリーのテストツールを利用する。これで、画像、CSS、およびJavaScriptをクロールすることができるか確認できる
  • Google Search Consoleでは、クロールエラーのレポートを得られる。これによって。あなたの携帯サイトをクロールするときに起こるGoogleのすべての問題を発見できる。
  • あなたのニッチのトップモバイルクエリを分析しよう。あなたはデスクトップの結果との違いに驚くだろう。

なぜユーザーエクスペリエンスをGoogleは重視するのか?

Googleの事業は主に検索の結果を望んでいるたくさんのユーザーに依存している。ユーザーが検索結果に満足することで、彼らはGoogleに再び戻ってきて、ブランドを信頼し、広告をクリックする。このような理由から、Googleは検索結果に高い質と、高い関連性を求めている。あなたのサイトがGoogleの検索トップを手に入れたいのなら、サイトがユーザーに対して高い質と関連性のあるコンテンツを提供するべきだ。

さて、どのSEO施策があなたのサイトにとってベストだっただろうか?

とにかくすぐ始めてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼エンタープライズ向けヒートマップ解析ソリューション「ClickTale」はこちら

ヒートマップアクセス解析ツールのクリックテール(clicktale):マウスの録画、4つのヒートマップ、フォーム解析機能でユーザーの心まで可視化する。