コンバージョン分析

定性的な答え、積極的な最適化

高いROIを伴うコンバージョンレート改善を行うために、コンバージョンプロセスやフォームに特化して定性的な答えを知ることができます。

コンバージョン・ファネル

顧客導線上のボトルネックとその理由を知る

ファネルから離脱した場所を示すだけではなく、離脱後に彼らが何をしているのかを視覚化するため、どのようにすれば彼らが最適な経路へ戻ってくれるのかを考えられるようになります。 ファネルはいつでも作り変えることができ、既存のデータを再計算するためいちからデータを集める必要はありません。

コンバージョンレポート

入力フォームが持つ課題を定量化する

何人の顧客がフォームにたどり着き、そのうち何人が入力を開始し、入力途中であきらめた顧客と最後までフォーム入力を終えた顧客の数が定量化されます。もし誰も入力を始めてくれないフォームになっている場合、EFO対策よりも入力を開始させるための施策が必要といえるでしょう。

離脱レポート

各入力フィールド上での離脱状況を定量化

フォームがどの項目で放棄されているのかを理解することで、ピンポイントで項目を修正することが可能です。またすべてのデータが個別のセッション動画にドリルダウン可能なため、課題の原因がページデザインにあるのかフォーム設計にあるのか等、詳細を分析できます。

入力時間レポート

ユーザーの入力時間を節約する方法を学ぶ

訪問者は各入力フィールドごとに、またはフォーム全体を埋めるためにどれだけの時間をかけているでしょうか。入力に時間がかかりすぎている項目の発見は、ユーザーの入力時間を短くするための施策立案に繋がり、入力完了率も高められるでしょう。

ブランクレポート

不適切または重荷になっている項目を知る

フォーム内においてユーザーにとって重要でなかったり、無視されている項目を見つけます。必要な項目とそうでない項目を見極め項目の最適化を行うことで入力完了率を向上させます。

再入力レポート

入力エラーの発見と解決

送信ボタンを押したあとに入力エラーが生じ、何度もリダイレクトすることほど訪問者をイラつかせることはありません。エラーの発生回数を定量化し入力完了率に影響を与えている項目は即座に改善が必要です。