エクスペリエンス分析

成果につながる重要なポイントを自動で顕在化

パーソナライズされたワークスペースであるエクスペリエンス・センターにより、KPIを基にカスタマーエクスペリエンスの目標値を比較することで、注力すべき場所がわかります。

エクスペリエンス・センター

気になる指標を計測し、問題を明らかにする

任意で設定可能なサイト上のKPIや重要なユーザー行動を1画面内でリアルタイム表示し、訪問者セグメントへドリルダウンすることで詳細な分析ができます。
例えばカート投入率など任意で設定可能なビジネスKPIと、タップやスクロールなどのページ内行動データを自動紐付けして、課題の発見からその原因特定までを即座かつ直感的に出来ます。

ドリルダウン・ビュー

設定した指標やページをさらに深く分析する

設定した指標やページをさらに深く分析することができます。上部の画像のように商品詳細ページをドリルダウンすると、商品の購入が激減している特定のセグメントや、KPIに影響する外れ値となるユーザー行動がいないかを自動で分析し、問題の特定が簡単にできます。
そのため、問題となるユーザーの詳細な分析調査や、仮説を立てることにより時間を割くことができます。